NEWS

1日も早くCOVID-19 (コロナウィルス)から日常を取り戻す為、2017年に菅谷を始めとしたセントラルフロリダ大学の医学部及び工学部の共同チームにて開発された3Dプリントで制作する廉価高速小型PCR装置及びワンステップ核酸抽出キット(2017年発表論文:3D printing and milling a real-time PCR device for infectious disease diagnostics.PLoS ONE 12(6): e0179133.)に基づいて、ネットワーク接続されたCOVIC-19診断の為の高速リアルタイムPCR装置及びびワンステップ核酸抽出キット 製作事業の推進を行いたく準備を行っております。

2020年2月6日日本橋ライフサイエンスビルディングにて開催される"再生医療のCrossroad" 第11回再生医療パートナリングイベント (Regenerative Medicine Crossroad in Tokyo #11)(主催:一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)/経済産業省関東経済産業局 )に、弊社代表取締役会長菅谷が登壇します。「ナノテクとの組合せによる自家細胞骨再生、多能性幹細胞バンキング」についてお話しさせていただきます。